社会的取り組み(CSR)

共済の理念

共済の理念は「一人は万人のために、万人は一人のために」というものです。
共済はもともと皆が貧しかったころに、だれかが困ったときにお互いに助け合う制度として誕生しました。

共済は自分の掛け金がどこかで困っている人の役に立っているという「助け合い(互助・共助)の仕組み」です。共済にこめられた助け合いのコンセプトは生協運動の拠って立つ理念と根っこは同じです。

パルシステム共済連の社会貢献の取り組み

パルシステム共済連では、保障事業の剰余を契約者へお返しするだけでなく、よりよい地域社会の構築に向けて、例えば、組合員が自主的に行う子育て支援や福祉助け合い活動、ライフプランニング活動、健康維持活動に還元しています。 組合員から助け合いの仕組みとしてお預かりしたお金を結集することによって、組合員一人ではできない大きな社会貢献活動が可能となり、パルシステム共済連はそのような取り組みを応援しています。

①ライフプランニング活動

くらしの中の不安をきちんと把握し、夢をひとつひとつかなえていくために、家族の健康や生きがい、そしてお金について考え、将来の計画を立てていくこと。 それが「ライフプランニング」です。
ライフプランを考えるためには、社会保険、保険や住宅ローン、税金や運用など、様々な知識が必要になります。生協では「くらしの見直し講演会」「家計に関する学習会」など“組合員同士の学びの場”を提供しています。また、学習会で講師をつとめる組合員LPA(ライフプラン・アドバイザー)の養成も行っています。

ライフプランニング活動について

②たすけあい活動助成金

パルシステム共済連では、保障事業の剰余の一部を使って、組合員が自主的に行う子育て支援や福祉助け合い活動、ライフプランニング活動、健康維持活動を助成という形で応援しています。

たすけあい活動助成金について

③災害時お見舞い訪問活動

パルシステム共済連では、地震や竜巻、噴火など、災害が起きた際に、全国の生協と連携して、いち早く被災された方をお見舞い訪問する取り組みを行っています。

災害時お見舞い訪問活動について

④パルシステムの健康・家計おうえんナビ

パルシステム共済連および㈱パルふれあいサービスでは、組合員の皆様の健やかな暮らしに寄与できるよう“健康習慣”“病気やケガの予防”に関する情報をお伝えしていきます。

パルシステムの健康・家計おうえんナビ

⑤ピンクリボン運動

乳がんの正しい知識を広め、乳がん検診の早期受診を推進すること、などを目的として行われる世界規模の啓発キャンペーンのことで、パルシステムグループ全体で取り組んでいます。

2016年講演会報告

2015年講演会報告

2014年講演会報告

2013年講演会報告

前のページへ戻る

 

前のページへ戻る

ページトップへ