家族の健康レシピ

12月の家族の健康レシピ

冬こそ疲れを感じやすい季節。
パワーの源、「腎」をいたわる養生を。

もともと冬は体を休ませるとき。「腎」の働かせすぎに気をつけて。

年末になると、仕事や家庭の用事をこなすために奔走してしまいがち。じつは寒さとともにからだは疲れやすくなるため、冬こそ養生が必要な季節なのです。もともと薬膳の世界では、「冬はエネルギーを温存するために、しっかり休む季節」とされていますが、なかなかその通りにはいきませんよね。そこで冬になると活発に働く「腎」をいたわることが、養生のポイントになります。「腎」は「精気」(=生きるためのエネルギー)を蓄える、いわばからだの要となる存在。働かせすぎて負担がかかると、慢性的なだるさにつながることも。からだの水分調整もうまくいかなくなり、下半身のむくみや尿量異常からくる冷えの恐れも出てきます。

「腎」を温め、潤す食材で、しっかりといたわりましょう。

食材は、「腎」を温め、潤す作用のある「補腎」のものを選びましょう。「補腎」には2種類あり、「腎」を温める「腎陽(じんよう)」の食材と、血や律液(しんえき=からだに必要な水)を養って潤し、水分調整を助ける「腎陰(じんいん)」の食材を、バランスよく取り入れることが大切です。また、意外に感じるかもしれませんが、「腎」には適度な鹹味(かんみ=塩味)も必要です。塩辛いものというより、ミネラルを含む海産物などを取り入れましょう。発汗を促してからだの巡りをよくする、しょうがやにんにく、シナモンもおすすめ。シナモンは、クリスマスのおやつ作りに加えてみてもいいですね。

【腎を温める作用のある「腎陽」の食材】

えび、にら、くるみ、羊肉、酒など

【血や律液を養い、潤す作用のある「腎陰」の食材】

牡蠣、黒ごま、あわび、鴨肉、クコの実など

温かいメニューを取り入れながら、休息を心がけた生活を。

今回紹介した食材は、温かく調理してから食べることで「腎」をいたわり、寒さで縮こまったからだの巡りを整えることができます。鍋やスープがその代表で、生ものや冷たいものはできるだけ避けたいものです。冒頭でも触れましたが、冬ならではの養生には「エネルギーを使う春に向けて温存すること」が大切になります。「冬は疲れやすい季節」ということを心に留めて、多忙のなかにあっても、しっかり食べてしっかり休むことを心がけてくださいね。

今月のおすすめレシピ

養生鍋やスープのレシピも紹介。

『えびつみれとにらの中華風鍋』など、おすすめのレシピはこちらでチェック!
パルシステムのレシピサイト『だいどこログ』

 
  • 栄養情報の監修
    清水加奈子さん

フードコーディネーター・管理栄養士・国際中医薬膳師。調理、スタイリングからカロリー計算されたレシピの作成、アイデアレシピの提案、栄養関連の監修などを行う

 

前のページへ戻る

パルシステムの健康・おうえんナビ

人気の保障商品

  • 団体がん保険 診断一時金100万円プラン
  • ソニー損保の自動車保険
  • 《たすけあい》女性コース
 
ページトップ

パルシステムの保障サイトは「パルシステム共済生活協同組合連合会」と「株式会社パルふれあいサービス」が共同で運営しています。

パルシステム共済生活協同組合連合会
組織情報 個人情報保護方針 cookie等の利用について CO・OP共済≪たすけあい≫事業規約・細則

生命保険会社の資料請求をご希望の方は下記をご確認ください。

保険商品のご提案にあたって

弊会は、複数の生命保険会社(5社)と代理店委託契約を締結しています。

組合員様への保険商品の募集に関しておすすめの保険会社を経営方針として定めています。

弊会の保険募集人は、生命保険契約に於いては、組合員様と引受保険会社との保険契約の媒介を行うもので、
告知受領権や保険契約の締結の代理権はありません。

推奨生命保険会社

がん・病気やケガの保障 アフラック・オリックス生命・SOMPOひまわり生命

おすすめする理由

  • ①保険募集人が保険商品内容を習熟しており、組合員様へのご案内が可能な商品である事です。
  • ②保険募集人への教育支援がある保険会社の商品である事です。
  • ③弊会の販売形態がお電話によるご案内に限定されるため、非対面販売が可能な商品である事です。
  • ④比較検討いただくために比較専用見積書が作成可能な商品である事です。

*上記に加えて、新商品発売・商品改定等により例外的に推奨生命保険会社(推奨保険)を追加する場合があります。

©Copyright パルシステム共済生活協同組合連合会/株式会社パルふれあいサービス