家族の健康レシピ

3月の家族の健康レシピ

目覚めの春は、からだも「ぼんやり」。
「肝(かん)」をいたわり、ゆったりとした生活を。

こもりがちの冬から目覚め、徐々にからだを慣らす時季。

3月は新生活に備える時季。活動的に過ごしたいですが、薬膳の世界では、春はのんびりと流れに身をゆだねるように過ごすのがよいとされています。梅雨を含む5つの季節には、「水」や「土」といったそれぞれ対応する自然界の性質があり、春は「木(もく)」が対応しています。暖かくなりゆったりと枝葉を広げる「木」のように、私たちのからだも、こもりがちだった冬から目覚め少しずつ活動を始めます。この時季特有の「ぼんやり」とした気分も、からだが素直に反応している表れでしょう。無理をせず、気温の変化に徐々にからだを慣らすことが、春の養生で大切なポイントです。

めまいなどの不調が出たら、「肝」を意識した食生活を。

季節の移り変わりとともに、からだの状態も変化するというのが、薬膳特有の考え方です。春ごろから活発に働き始めるのは、「肝」。「肝」は「血(けつ)」の量や流れをコントロールしていますが、負担がかかり過ぎると熱を帯びるため「血」が詰まりやすくなり、めまいやイライラなどの不調につながることも。この時季は、「血」を補って「肝」の働きをよくし、余分な熱をとる「補血(ほけつ)、滋陰(じいん)」のものを選びましょう。

【「血」を補い、「肝」の働きを整える「補血、滋陰」の食材】

牛肉、鶏肉、レバー、卵、うずらの卵、いか、かに、キャベツ、人参、ほうれん草、黒ごま、長芋、ゆりね、きくらげ、豆乳、あさり、しじみなど

旬の食材で、「酸味」や「苦み」も取り入れてみて。

「酸味」にも「肝」の働きを補う作用があります。ただし、過剰摂取は「肝」に不調をおこしてしまうので、炒め物の仕上げにお酢を回しかける、紅茶もレモンティーを選ぶなど、ほどよく取り入れるとよいでしょう。春は柑橘もまだまだおいしい時季なので、ヨーグルトやサラダのドレッシングに、ギュッとひとしぼりするのもいいですね。いっぽう、たらの芽やふきのとうといった山菜も旬を迎えます。山菜の苦みには、冬にため込んだ余分なものを外に出す作用も。薬膳の食生活は、季節の食材を意識するだけでもぐんと身近になりますよ。

今月のおすすめレシピ

手軽に作れる炒め物や、「酸味」のあるレシピもご紹介。

『いかとキャベツのソース炒め』など、おすすめのレシピはこちらでチェック!
パルシステムのレシピサイト『だいどこログ』

 
  • 栄養情報の監修
    清水加奈子さん

フードコーディネーター・管理栄養士・国際中医薬膳師。調理、スタイリングからカロリー計算されたレシピの作成、アイデアレシピの提案、栄養関連の監修などを行う

 

前のページへ戻る

パルシステムの健康・おうえんナビ

人気の保障商品

  • 団体がん保険 診断一時金100万円プラン
  • 安心を、もっと安く。 ソニー損保の自動車保険|新規ご成約でソニー製ウェアラブルネックスピーカー(SRS-WS1)が25人に1人当たる|キャンペーン期間:2019年12月31日まで
  • 《たすけあい》ジュニア20コース
 
ページトップ

パルシステムの保障サイトは「パルシステム共済生活協同組合連合会」と「株式会社パルふれあいサービス」が共同で運営しています。

パルシステム共済生活協同組合連合会
組織情報 個人情報保護方針 cookie等の利用について

生命保険会社の資料請求をご希望の方は下記をご確認ください。

[保険商品のご提案にあたって]

弊会は、複数の生命保険会社(5社)と代理店委託契約を締結しています。

組合員様への保険商品の募集に関しておすすめの保険会社を経営方針として定めています。

弊会の保険募集人は、生命保険契約に於いては、組合員様と引受保険会社との保険契約の媒介を行うもので、
告知受領権や保険契約の締結の代理権はありません。

◆推奨生命保険会社

がん・病気やケガの保障 アフラック・オリックス生命・損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

◆おすすめする理由

  • ①保険募集人が保険商品内容を習熟しており、組合員様へのご案内が可能な商品である事です。
  • ②保険募集人への教育支援がある保険会社の商品である事です。
  • ③弊会の販売形態がお電話によるご案内に限定されるため、非対面販売が可能な商品である事です。
  • ④比較検討いただくために比較専用見積書が作成可能な商品である事です。

*上記に加えて、新商品発売・商品改定等により例外的に推奨生命保険会社(推奨保険)を追加する場合があります。

©Copyright パルシステム共済生活協同組合連合会/株式会社パルふれあいサービス