災害時お見舞い訪問活動

地震による被害

東日本大震災

東日本大震災

2011年3月11日東日本大震災が発生しました。震災直後には被災地の生協を中心に、全国各地から組合員宅訪問のために多くの職員が集まりました。被災地への緊急物資のお届けや商品の供給事業、多岐にわたるボランティア活動に加え、CO・OP共済加入者への異常災害見舞金申請のための訪問を行い、多くの感謝・激励の言葉をいただきました。

 
東日本大震災

パルシステムからも多くの職員がかけつけ、1人でも多くの組合員に、少しでも早く共済金や異常災害見舞金をお届けしたいという思いで、組合員宅を訪問しました。お会いできた組合員さんからは、悲しみの声や不安の声をたくさんうかがいました。そんな中での思いがけないお見舞金に、本当に喜んで話を聞いていただく場面もありました。お渡しした封筒の中には、全国の組合員さんや生協職員から寄せ集められた折鶴が入っていることを告げると、涙ぐまれる方もいらっしゃいました。

 

この活動は「誰かが困ったときにはみんなで助け合う」という、CO・OP共済のたすけあいの心が表れています。CO・OP共済は今後も最後のおひとりまで共済金や異常災害見舞金の請求についてお知らせし、確実にお支払いするための取り組みを続けていきます。


熊本地震

熊本地震

2016年4月14日に熊本県で最大震度7を観測する地震が発生しました。余震も複数回にわたり発生し、熊本県や大分県に大きな被害をもたらしました。パルシステム共済連は職員2名を現地に派遣し、日本コープ共済連や全国の生協と協力し、共済に加入している組合員宅を訪問し、お見舞金の請求手続きのご案内をしました。
訪問活動ではより多くの組合員とお会いし、お見舞金の請求手続きをご案内する必要がありますが、訪問活動を行う中で、1人でも多くの組合員に直接災害時のお話を聞き、対話をすることで元気づけることが最も重要だと訪問活動を通じて感じました。

 

その他の災害による被害

その他の災害による被害

2012年5月6日茨城県つくば市北條エリアで竜巻が発生し、大きな被害をもたらしました。パルシステムでは災害からおよそ10日後、お見舞い訪問活動のため被災地を訪れました。現地は幅100メートルに及ぶ竜巻の通り道が生々しく残っており、家財がほとんど飛ばされてしまったお宅や、中には柱だけしか残っていないお宅もありました。

CO・OP共済《たすけあい》は、住宅災害に対して共済金をお支払いできる場合があります。このことをご存知ない方も多く、お見舞い訪問によってお役に立つことができました。今後災害があった際も、お見舞い訪問活動を行い組合員さんのお役に立ちたいと考えています。

 

その他の災害による被害

2013年9月2日千葉県、埼玉県越谷市で竜巻が発生しました。竜巻は北東に進み、千葉県野田市まで達し、広範囲にわたり被害が及びました。パルシステムでは9月10日に埼玉県と千葉県にて、お見舞い訪問活動を行いました。幸い、お会いできた方のご自宅は、比較的被害が小さい状況でしたが、訪問した地域では屋根や壁がブルーシートで覆われている住宅が多くありました。風で飛ばされ、お子さまがケガをしたという組合員さんもいらっしゃいました。

被害が小さく住宅災害共済金の対象とならない場合には、お見舞いのタオルをお渡しし、《たすけあい》の保障内容をお伝えしました。お会いできなかった組合員さんには、お電話やお手紙で被害がなかったかどうかの確認を行い、共済金のご請求もれがないようお知らせを続けました。


その他の災害による被害

2015年9月の関東・東北豪雨により、2015年9月10日に茨城県を流れる鬼怒川が決壊し、茨城県常総地区を始め広範囲にわたって大きな被害をもたらしました。パルシステム共済連は日本コープ共済連とパルシステム茨城と協力し、2日間で49件のCO・OP共済の加入者宅を訪問しました。

道路の脇にあるガードレールは倒れ、住宅の壁面や塀には水の跡がくっきり残っている様子は自然の怖さを物語っていました。お会いできた組合員にはその場で共済金の手続きをご案内し、請求書類を記入していただきました。「まさかこんなことが起こるとは思わなかった」という組合員が多く、災害の恐ろしさ、備えの大切さを感じる訪問となりました。

前のページへ戻る

 
ページトップ

パルシステムの保障サイトは「パルシステム共済生活協同組合連合会」と「株式会社パルふれあいサービス」が共同で運営しています。

パルシステム共済生活協同組合連合会
組織情報 個人情報保護方針 cookie等の利用について

生命保険会社の資料請求をご希望の方は下記をご確認ください。

[保険商品のご提案にあたって]

弊会は、複数の生命保険会社(5社)と代理店委託契約を締結しています。

組合員様への保険商品の募集に関しておすすめの保険会社を経営方針として定めています。

弊会の保険募集人は、生命保険契約に於いては、組合員様と引受保険会社との保険契約の媒介を行うもので、
告知受領権や保険契約の締結の代理権はありません。

◆推奨生命保険会社

がん・病気やケガの保障 アフラック・オリックス生命・損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

◆おすすめする理由

  • ①保険募集人が保険商品内容を習熟しており、組合員様へのご案内が可能な商品である事です。
  • ②保険募集人への教育支援がある保険会社の商品である事です。
  • ③弊会の販売形態がお電話によるご案内に限定されるため、非対面販売が可能な商品である事です。
  • ④比較検討いただくために比較専用見積書が作成可能な商品である事です。

*上記に加えて、新商品発売・商品改定等により例外的に推奨生命保険会社(推奨保険)を追加する場合があります。

©Copyright パルシステム共済生活協同組合連合会/株式会社パルふれあいサービス