がんの保障のコツ

一時金が最も重要

古い契約に注意!

20年前から入っているがん保険、結構入りっぱなしの方が多くいます。古いがん保険は現在の治療方法に合っていない可能性があります。例えば、20日以上の入院を要件に給付金が出るものなど、今となってはどうやったら受取れるのか悩んでしまう保障要件のものもあります。
新しいがん保障商品に入りなおす方法もありますが、商品によっては上乗せ保障で新しい保障商品に近づけることができるものもあります。
がんの治療技術の進歩は目覚しいものがあります。同じようにがんの保障商品も毎年大きく変わってきています。年に1度はこのまま加入していて大丈夫か確認することをオススメします。

最重要の保障は「一時金」

がんの治療を経験した方の多くが、最初にある程度の金額が準備できるほうが良いと言っています。
これはがんが見つかった段階で、金銭的に準備ができていることで、お金の心配をすることなく、治療方法を選択できるという強みです。
「この治療を選択できたのにお金がないので健康保険対象の治療方法しか選べなかった」「体への負担の少ない治療方法や個室を選びたかった」など、身体的にも精神的にも強い味方となってくれるのです。
最優先すべきは診断一時金などの治療開始の段階で受取れる「一時金」で、その次に入院や手術・通院の保障を考えていきましょう。
もちろん一般の医療保障は、がんの治療でも対象になりますので、両方加入していれば、両方から保障を受けることができます。

前のページへ戻る

 
ページトップ

パルシステムの保障サイトは「パルシステム共済生活協同組合連合会」と「株式会社パルふれあいサービス」が共同で運営しています。

パルシステム共済生活協同組合連合会
組織情報 個人情報保護方針 cookie等の利用について CO・OP共済≪たすけあい≫事業規約・細則

生命保険会社の資料請求をご希望の方は下記をご確認ください。

[保険商品のご提案にあたって]

弊会は、複数の生命保険会社(5社)と代理店委託契約を締結しています。

組合員様への保険商品の募集に関しておすすめの保険会社を経営方針として定めています。

弊会の保険募集人は、生命保険契約に於いては、組合員様と引受保険会社との保険契約の媒介を行うもので、
告知受領権や保険契約の締結の代理権はありません。

◆推奨生命保険会社

がん・病気やケガの保障 アフラック・オリックス生命・損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

◆おすすめする理由

  • ①保険募集人が保険商品内容を習熟しており、組合員様へのご案内が可能な商品である事です。
  • ②保険募集人への教育支援がある保険会社の商品である事です。
  • ③弊会の販売形態がお電話によるご案内に限定されるため、非対面販売が可能な商品である事です。
  • ④比較検討いただくために比較専用見積書が作成可能な商品である事です。

*上記に加えて、新商品発売・商品改定等により例外的に推奨生命保険会社(推奨保険)を追加する場合があります。

©Copyright パルシステム共済生活協同組合連合会/株式会社パルふれあいサービス