生命保障のコツ

家族を養っているなら必ず加入

必ず入るべき保障

人の保障の中で、最も加入の必要性が高いのが、この生命保障です。
家族を養っている場合、万が一に備えた遺族保障は数千万円にもなります。
その必要保障額を貯蓄で準備するには何十年もかかります。だからこそ保障商品への加入が必須となります。
保障額は、万が一亡くなった後の遺族が生活するために支出する金額(遺族の生活費や養育費、住宅費など)のトータルから、収入を確保できる金額(遺族年金や配偶者の給与収入など)を引いた、足りない部分の金額が必要保障額です。

教育費・養育費の毎年の支出の変化

必ず入るべき保障

子どもの自立までに必要な遺族保障額の変化

必ず入るべき保障
 

必要保障額は変化します

お子さんが誕生したら、万が一のときの養育費分の金額が必要保障額に上乗せされます。逆に年数が経過すると、遺族の生活を維持すべき年数も減り、養育する期間も短くなります。そのため必要保障額は徐々に減っていきます。
大学に入学するとき、保障額が最も必要な時期と思いがちですが、あと数年乗り切ればいいだけなので、それほど大きな保障は必要ありません。
逆にお金のあまりかからない、お子さんの小さい時期ほど長期間の遺族保障を備えなければいけないので、必要保障額がピークとなるのです。

大きく分けて2つの期間で目的が分かれます

配偶者やお子さんの遺族保障が必要なのは、お子さんの自立まで。それ以降はお子さんの養育費もかからなくなり、遺族保障の必要性がそれほど重要ではなくなります。
お子さんの自立後は相続(税)対策や葬式費用など保障目的も金額的にもかなり限定的になります。また、同時に更新型の保険は、掛金負担がかなり高くなります。老後も保障が必要な場合は、終身タイプの保障にできるだけ若いうちに加入しておくか、貯蓄で準備するなど、対策を考えましょう。

前のページへ戻る

条件を指定して商品を探す

  1. 性別
  2. 年齢
  3. 結婚
  4. お子様

おすすめの商品はこちら

 
ページトップ

パルシステムの保障サイトは「パルシステム共済生活協同組合連合会」と「株式会社パルふれあいサービス」が共同で運営しています。

パルシステム共済生活協同組合連合会
組織情報 個人情報保護方針

生命保険会社の資料請求をご希望の方は下記をご確認ください。

[保険商品のご提案にあたって]

弊会は、複数の生命保険会社(5社)と代理店委託契約を締結しています。

組合員様への保険商品の募集に関しておすすめの保険会社を経営方針として定めています。

弊会の保険募集人は、生命保険契約に於いては、組合員様と引受保険会社との保険契約の媒介を行うもので、
告知受領権や保険契約の締結の代理権はありません。

◆推奨生命保険会社

がん・病気やケガの保障 アフラック・オリックス生命・損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

◆おすすめする理由

  • ①保険募集人が保険商品内容を習熟しており、組合員様へのご案内が可能な商品である事です。
  • ②保険募集人への教育支援がある保険会社の商品である事です。
  • ③弊会の販売形態がお電話によるご案内に限定されるため、非対面販売が可能な商品である事です。
  • ④比較検討いただくために比較専用見積書が作成可能な商品である事です。

*上記に加えて、新商品発売・商品改定等により例外的に推奨生命保険会社(推奨保険)を追加する場合があります。

©Copyright パルシステム共済生活協同組合連合会/株式会社パルふれあいサービス