自動車の補償のコツ

必要な補償を優先に考える

掛金の差は何倍も違うことも

「どの保険会社で加入しても補償内容も掛金も一緒」という時代は大昔の話になってしまいました。今は、保険会社や補償内容・サービスの違いで同じ等級(契約者の事故リスクのランク)の場合でも掛金が何倍も違ってきます。
安いからお得、高いからムダ、そのようなことはなく、掛金負担が安いのは安い理由があり、高いのは高い理由があります。
問題は、加入する側がどの補償が重要で、どの補償はあまり必要ないのか、しっかり考え、加入者にとって合理的な補償商品を選ぶ必要があります。

万が一のとき、どこまで頼りにしたいのか

この補償商品も車を運転するなら必ず加入しておくべき補償商品です。
基本となる補償内容は、補償額の高い低い以外ほぼ変わりはありません。大きく違ってくるのは、基本的な補償以外の部分です。例えば弁護士費用を補てんする特約は必要か、バイク特約をつけるのか、運転者は限定したほうがいいのか、などなど・・・。
加入者の車の使用目的などで、必要かそうでないか見えてきます。更に事故のときに24時間対応してくれるのか、24時間単なる受付だけなのかなど、細かく見てみると、似ているけどまったく違う対応のところもあります。
車の関係する事故では、被害が大きくなりやすい=賠償などの被害額も大きくなりやすく、相手との裁判などのやり取りも絡んできて、一歩間違えると、生活もズタズタになる可能性があります。
掛金負担を抑えることも重要ですが、最低限確保しておく補償内容・サービスもしっかり確認し、加入しておくことが最も重要です。

前のページへ戻る

条件を指定して商品を探す

  1. 性別
  2. 年齢
  3. 結婚
  4. お子様

おすすめの商品はこちら

 
ページトップ

パルシステムの保障サイトは「パルシステム共済生活協同組合連合会」と「株式会社パルふれあいサービス」が共同で運営しています。

パルシステム共済生活協同組合連合会
組織情報 個人情報保護方針

生命保険会社の資料請求をご希望の方は下記をご確認ください。

[保険商品のご提案にあたって]

弊会は、複数の生命保険会社(5社)と代理店委託契約を締結しています。

組合員様への保険商品の募集に関しておすすめの保険会社を経営方針として定めています。

弊会の保険募集人は、生命保険契約に於いては、組合員様と引受保険会社との保険契約の媒介を行うもので、
告知受領権や保険契約の締結の代理権はありません。

◆推奨生命保険会社

がん・病気やケガの保障 アフラック・オリックス生命・損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

◆おすすめする理由

  • ①保険募集人が保険商品内容を習熟しており、組合員様へのご案内が可能な商品である事です。
  • ②保険募集人への教育支援がある保険会社の商品である事です。
  • ③弊会の販売形態がお電話によるご案内に限定されるため、非対面販売が可能な商品である事です。
  • ④比較検討いただくために比較専用見積書が作成可能な商品である事です。

*上記に加えて、新商品発売・商品改定等により例外的に推奨生命保険会社(推奨保険)を追加する場合があります。

©Copyright パルシステム共済生活協同組合連合会/株式会社パルふれあいサービス